【起立性調節障害】に必要な栄養②!

こんにちは!管理栄養士の日比です♪

 

今回は、【起立調節障害】食事アプローチの2つ目です!

 

前回、糖質メインで食べないということをお伝えしましたが、

じゃあ何を食べたらいいのか?

 

そもそも

私たちのからだは、何からできているかというと…

 

食べたものからできています!!

その中でも

からだのほとんどは 「たんぱく質」からできているんです!

(たんぱく質= 肉・魚・卵・豆腐、豆類)

 

なので、2つめのアプローチは

②たんぱく質をしっかりとる

 

 

皮膚、内臓、筋肉、血液、骨、歯、脳、消化酵素、免疫、ホルモン、神経伝達物質、

爪や髪の毛にいたるまで、たんぱく質からできています。

 

 材料をしっかり入れていかないと、からだは作れません(;_;)

 

たんぱく質が不足すると

こんなことが起こります⇩

 

例えば、

  • 肌が乾燥してかゆくなる、肌荒れする
  • 貧血になる
  • 消化酵素が少なくて、消化不良
  • 免疫力が落ちて、感染症にかかりやすくなる
  • ホルモンのバランスが乱れる
  • 神経伝達物質がうまく作られず、いらいら、憂鬱、不安など精神的に不安定
  • 爪がもろくて割れやすい
  • 髪の毛が抜けやすい、バサバサする

 

逆に言うと、

たんぱく質が十分に補給できていたら、これらが起こらないということ( ゚Д゚)

 

起立性調節障害の起こりやすい10代は、成長期の中でも第二次成長期なので、

からだが大きくなるばかりではなく、からだの中でもめまぐるしく変化が起こっています!

 

材料である栄養をたくさん必要としています!

 

 

糖質は、からだのエネルギー源として必要ですが、糖質ばかり食べていても、たんぱく質が不足してしまいます。

(血糖値も上がりすぎてしまいます(;O;))

 

必要な材料が不足してしまったら…と考えてみると、

いろいろな不調につながってしまうのもうなずけますよね?

 

たんぱく質は1日にどのくらい必要なの?

 

体重あたりのたんぱく質必要量は

成長期では、体重×1.5g2.0g 

成人で 体重×1.0g~1.5g なので大人より必要量が多いことがわかりますね。

 

 

例えば、

■成長期で体重40㎏なら

40×1.5~2.0=60~80g

■大人で体重50㎏の人は

50×1.0~1.5=50~75g

になるので、

 

からだが小さかったとしても、必要な量が大人より多いことがわかります。

 

ということは…

大人と同じ量で食べていては足りないということです。

 

大人量に+プラスして食べていく必要があります。

 

※過体重・やせぎみの場合は、標準体重で計算してください

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

例)150㎝の場合 1.5×1.5×22=49.5kg

 

たんぱく質の多い食品は?

 

お肉を100g食べたからといって、たんぱく質が100gとれるわけではありません。

 

 

 

このように、100g中に含まれる量は1/5以下。

そして、加熱すると吸収率が下がるということがあります。

 

そこまで計算すると、ものすごい量のお肉や魚、卵を食べなくてはいけないので現実的ではないですが、

体重×1.5g の量はキープして毎日しっかりとれると◎!

 

肉・魚 ⇒ 100g中に約15g

卵・納豆・小さい豆腐 ⇒ 1個で約7g 

というように、覚えて目安にするといいですよ!

 

乳製品はひかえる

 

たんぱく質食品ではありますが、乳製品はなるべく控えることをおすすめします♪

 

なぜかというと、乳製品に含まれるカゼインという成分が、腸の粘膜に影響してしまうから!

腸内環境として、腸の粘膜をよい状態に保つことがすごく大事です。

 

(腸の粘膜がよくないと、異物を通してしまったり、血糖値が上がりやすくなったり、いろいろな障害が起こりやすい⇒不調の原因にもなります)

 

 

また、乳製品にはカルシウムが多いことはご存じと思いますが、

カルシウムは多いけれどマグネシウムが少ないため、カルシウムとマグネシウムのバランスが悪くなってしまいます。

 

カルシウムをとるならば、同じくらいのマグネシウムが必要です。

マグネシウムはとりづらく、ほとんどの人で不足しやすいミネラルです。

カルシウムだけを多くとる=ますますマグネシウムが不足 ということが起こります。

 

(ミネラルについてはまた次回のブログでお伝えしますね!)

 

 

普段の食事は、肉・魚・卵・豆、豆製品からたんぱく質をとるようにしていきましょう!

乳製品は嗜好品というように考えてもらうとよいですね。

 

 

 

たんぱく質をとるための食事ポイント4つ

 

 

1.糖質メインにしない、めん類やパンなど食べる時には、おかずを+プラス 

 

糖質はエネルギー源

たんぱく質はからだの材料

たんぱく質をたくさん必要としている時期です。食事はたんぱく質を必ずとります。

 

パンやめん、ごはんの量を多くするのではなく、おかずをしっかり食べてから糖質をとること!

 

 

2.毎食、お肉や魚・卵などを1品か2品はとるようにする

 

お肉だけ、魚だけ、ではなく、

肉+魚、肉+卵、

など組み合わせて食べまましょう。

 

メインの料理のほか、副菜や汁物にもたんぱく質を入れるようにすると◎

 

献立は、こんなイメージで↓

 

 

3.おやつにも、たんぱく質をとると◎

 

おやつというのは、補食です。

3回の食事では十分なたんぱく質をとりきれないので、ぜひ食事の間にもたんぱく質をとることをおすすめします★★

 

ゆで卵や温泉卵、枝豆、焼きとり、唐揚げ、ちくわ、豆腐、味噌汁 など なんで

も良いので、お子さんの好みに合うものを。

 

 

4.よく噛んで食べる

 

たんぱく質をたくさん食べようとしても、消化が追いつかないということがあります((+_+))

消化の負担を減らすために、よく噛むこと、ゆったりとした気持ちで食べることが大事です。

 

消化がうまくいかない

未消化のまま腸に流れていく

吸収できない

腸内環境が悪くなる

 

ということになってしまいます。

 

せっかく食べたのに、吸収できなければ使えないということです。

(もったいない!ですよね。)

 

あとは、食事中に飲み物をたくさん飲むと、消化液が薄まってしまいます。

水分で流し込むような食べ方をしたり、食前・食後に多く飲むようなら、水分を控えるようにしましょう。

(水分は1日を通してこまめにとりますが、食事前後は注意!)

 

 

まとめ

ポイントを4つお伝えしましたが、急にはたくさん食べられないので、少しづつ量を増やしていくと◎

 

注意点としては、

「毎日欠かさず同じものを食べる」ということはしないようにする。

 

アレルギーのリスクが上がってしまうので、お休みの日をつくるようにしてくださいね。

休卵日、休納豆日、休鶏肉日、など。

卵は1日1個ではなくもっと食べても大丈夫です。お休み日は作るようにします。

 

②お腹の様子や便の状態をみて、食べる量を調整、よく噛むことを意識する

 

お腹が張ったり、ガス(おなら)が良く出る、下痢、便秘などがあるときは

消化がうまくいっていないかもしれません。

お腹の様子や便の状態をお子さんに聞いてみてください!

 

 

たんぱく質は食べ貯めができません。

 

毎日こつこつと食べていくことで、食べる量が少しずつUPしていきます。

 

食べる量を増やすのには少し時間はかかるかもしれませんが、

「たんぱく質が、からだにとって大事なんだよ」ということをぜひ、お子さんと話してみてくださいね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住所
〒501-1132
岐阜県岐阜市西中島4丁目2−10
交通
島大橋東交差点すぐ
TEL
058-377-3792
  • 電話をかける
  • メールでご予約
  • LINEでご予約

定休日:土曜午後/日曜/祝日(土曜は9:00〜13:00まで営業)

受付時間 日・祝
10:00〜19:00 ×

〒501-1132岐阜県岐阜市西中島4丁目2−10

詳しい道順を見る