生理痛で病院に?毎月ひどい生理痛の原因とは?

「激しい腹痛で、鎮痛剤がないと耐えられない…」

「立ち上がれなくなる痛みで仕事に支障が…」

「この痛みは我慢した方がいいの?」

毎月のサイクルの中に必ずやってくる生理。

生理痛がある人とない人…

生理痛があっても軽い人と重い人…

この差って何なの?と悩まれている女性はたくさんいます。

薬を飲めば落ち着くけど、本当は病院に行った方がいいのか?病院へ行くとどのような治療をするのか?

今回は生理痛の症状や、病院を受診するタイミングをお話ししていきます。

まずはセルフチェック!

生理痛の痛みは個人によって様々です。具体的にどのような症状が生理痛がひどいといわれているのか見ていきます。

  • 生理のとき、痛み止めが必要。
  • 生理痛がだんだんひどくなってきた。
  • 生理のときに家事や仕事など、日常生活に支障が出る。
  • 生理のとき以外にも、腹痛や下腹部の痛みがある。
  • 排便や性行時に痛みがある。
  • 市販の痛み止めでは効果がない。
  • 痛みで座り込んだり、寝込んでしまう。
  • ひどい痛みが長く続く。
  • 頭痛や吐き気があり、頭がボーっとする。
  • 痛みで食欲がなくなる。

いくつ当てはまりましたか?

普段の生活に支障をがでる出る生理痛を「月経困難症」と言います。

生理痛はカラダからの大事なサインなので、放っておいてはダメなんです。

月経困難症って?

生理痛は「プロスタグランジン」という子宮を収縮して経血を押し出す作用があるホルモンが原因で起こります。

生理痛の症状は個人差があり、下腹部の痛みや吐き気、下痢、便秘と様々な症状があらわれます。

月経困難症は2種類に分けられます。

機能性月経困難症

機能性月経困難症は、子宮や卵巣に病気が見られないという場合のものです。

吐き気、頭痛、腰痛、など身体のあらゆる部分に症状が出ます。

機能性月経困難症の場合は、プロスタグランジンの過剰分泌が原因で起こるため、日頃からプロスタグランジンの分泌を抑えるように対策することで生理痛を緩和させることができます。

冷え性や骨盤のゆがみ、ストレスによる自律神経の乱れ、血行不良が症状を悪化させる原因にもなっています。

器質性月経困難症

器質性月経困難症は、子宮や卵巣に異常があり引き起こります。

代表的な病気には、子宮内膜や子宮筋腫といったものがあげられます。

経血にレバー状の血のかたまりが頻繁にみられるようなら、子宮筋腫の可能性があります。

激しい腹痛や腰痛や寝込むほどの腹痛がある場合、この器質性月経困難症の可能性があります。

毎月寝込むほどのつらい痛みがある場合は、早急に病院を受診しましょう。

病院へ行くタイミングは?

毎回、鎮痛剤を飲まなくてはいけないほどの痛みや、症状が重く日常生活に支障が出るほどの生理痛は「月経困難症」といえます。

症状の原因を突き止め治療を行うことが、生理痛改善への近道とも言えます。

始めて行くときは緊張しますし、抵抗がある女性も多いです。男性医師に抵抗がある場合は、女医さんがいる病院を選びましょう。前もって病院の雰囲気をチェックするなどして、自分通いやすい病院を見つけておくと良いでしょう。

病院へ行くタイミングですが、生理痛がひどい時は、基本的に生理中や生理前などいつでも構いません。

しかし、実際に病院に行くと出来れば生理前や生理中は避けてもらいたいと医師に言われた人もいるので、事前に問い合わせて確認しましょう。
また、出血が気になる、できれば痛みない時に内診などを受けたいと感じるなら、生理の期間中をはずして受診しましょう。

月経困難症の場合、生理が終わると症状が解消されることが多いです。受診することが頭から消えてしまうこともあり、次の生理でまたつらい症状に苦しむことの繰り返しになります。

生理痛を我慢するのはカラダに良くないため、早めに病院を受診するのをおすすめします。

病院ではどんな検査や治療をするの?

月経痛で受診する場合は、まずは病気が隠れていないか、生理痛の原因を調べていきます。行う検査は、内診・超音波検査・腫瘍マーカー検査(内膜症の有無を調べる血液検査)です。

その結果、とくに病気がないようであれば、それぞれの症状を和らげる治療が行われます。

子宮筋腫や子宮内膜症の場合は手術が必要になる場合もありますが、多くの月経困難症の治療は鎮痛剤やホルモン剤の処方療法となります。

ひとつは生理痛の原因となるプロスタグランジンの合成を押さえる鎮痛薬です。

もうひとつはエストロゲンを低く保ち子宮内膜の発育を押さえる低用量ピルなどホルモン剤です。

月経困難症の状態に応じてホルモン剤と鎮痛剤の両方を併用しながら治療をおこなうこともあります。

この他に冷え性や生理痛などの女性に多くみられる症状に効き目がある漢方薬を処方してくれる病院もあります。薬には抵抗がある、漢方治療を希望するという場合は、漢方処方に対応している婦人科、産婦人科を探してみてください。

生理痛を緩和するために

機能性月経困難症の場合、生活習慣が原因で、生理痛がひどい事も考えられ、冷え性や骨盤のゆがみ、ストレスによる自律神経の乱れ、血行不良を改善することで生理痛を改善することができます。

骨盤のゆがみを整える

日頃、姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまい、内臓が圧迫され血液の循環が悪くなることから生理痛の痛みが酷くなります。

冷え性の方や姿勢、骨盤が歪んでいる方は特に生理痛に悩まされている方が多いので、カラダの土台にもなる骨盤のゆがみを整えることが大切です。

  • 足を組んで座る
  • 横座りをする
  • 片方の肩にばかりカバンをかける
  • いつも横向きで寝ている
  • ヒールの高い靴をよく履く
  • 立つ時に片足重心になっている

このような癖は姿勢を悪くするだけではなく、骨盤を歪ませる原因になります。

骨盤を正常な位置に整え、血流を改善しましょう。

カラダを冷やさない

「足先だけ、指先だけ冷たい」という声をよく耳にします。カラダの冷えは血行不良を起こし、様々な不調の原因にもなります。

特に「首」のつくところは、浅いところに動脈が走行しています。

ここは外気によって血液の温度も左右されるため、首・手首・くびれ(腰)・足首は冷やさないようにしましょう。

生理中だからとシャワーで済ませていると、体の芯まで温まりません。少しぬるめの湯船にゆっくりつかって体を温めると生理痛が緩和され、リラックス効果も得られます。

ただし、体調がすぐれないときは無理をせず、足浴がおすすめです。 41~42℃程度の少し熱めのお湯に、くるぶしから指3本分くらい上までつかるようにするとよいでしょう。

栄養バランスのとれた食事・適度な運動・十分な睡眠

バランスのとれた食事

食事はジャンクフードは避けビタミン、ミネラル、が豊富な野菜、大豆製品やお肉などタンパク質もバランスよく摂ります。

3つの食べ物をご紹介します。

一つ目は大豆です。大豆には「イソフラボン」という成分が含まれていて、このイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれ、ホルモンバランスを整えてくれます。

納豆・豆腐・味噌・豆乳を積極的に摂るようにしましょう。

二つ目は生姜です。すりおろした生姜やパウダーをお味噌汁やスープに入れると手軽に摂ることができます。白湯に生姜を入れるだけでも、冷え性や生理痛を緩和するホットドリンクになります。

三つめは落花生です。落花生やナッツ類には生理痛の緩和に効果があります。ビタミンB群・ビタミンE・オレイン酸・リノール酸も豊富で、食物繊維もたくさん含まれています。

ハーブティーもおすすめです。ハーブティーはそれぞれ違った効能があります。カモミール・ラズベリーリーフ・サンフラワーがおすすめです。ハーブティーにはリラックス効あるので、ストレスの緩和にもつながります。

 

適度な運動ならOK

適度の運動は血行をよくし、骨盤内のうっ血を改善することができます。また、カラダを動かすことで気分がスッキリし、ストレス解消にもなります。

ウォーキングやストレッチ、ヨガなど定期的にカラダを動かすことも大切です。

※経血の量が多い人は無理に運動をしたり、激しい運動をすると貧血を起こす可能性があります。また、生理痛が重いときや、体調がすぐれないときは避けるようにしましょう。

質のいい睡眠をとりましょう

人は寝ている間に、自律神経のバランスを整えたり、ストレスからの回復をしてくれます。質のよい睡眠をとるためにも、寝る1時間くらい前からは、スマートフォンやテレビを見ないようようにして、部屋は暗めにしてみましょう。

放っておくのは危険!

生理痛は毎月のことと、痛みを感じるのが当たり前になってしまっています。しかし、激しい痛みや寝込んでしまうほどの不調は、病気が原因で起こっている可能性が高いです。

市販の痛み止めを飲み続けても、痛みの原因の解決にはなりません。

ホルモンのアンバランスだけでなく、子宮筋腫や子宮内膜症も存在することがあり、放っておくと将来不妊の原因にもなることがあります。

また、生理痛がひどい人は更年期障害や骨粗しょう症になりやすいこともわかっています。

将来を考えても放っておいてはいけないのです。

最後に

生理痛が我慢しても、何の得にもなりません。

「生理痛は痛いのが当たり前」

「鎮痛剤を飲んでおけば何とかなる」

とそのままにしている人も多いはずです。

「生理痛ぐらいで病院なんて…」と思いがちですが、その陰には何が隠れているかわかりません。

また、一度検査を受けたけど異常はなかった…という方で、月日が経っても生理痛がひどいという方は、もう一度検査を受けるのも大切です。

自己判断で放っておく前に、不安なことがあったり、いつまでたっても改善しないようならば、早めに病院を受診しましょう。

また、骨盤のゆがみや冷え性が気になるけどなかなか自分では…という方がいましたら、いつでもご相談ください。わたしたちが力になります。

ここあ整体院 柔道整復師:田中大弥

症状について詳しく知りたい方はコチラ

 

初回限定 ホームページ限定キャンペーン

LINEでのご予約はこちらから

ホットペッパービューティ

偏頭痛、生理痛が改善♪

お客様写真
アンケート用紙

小さい頃から偏頭痛持ちであったり、生理痛も薬を飲まないと過ごせない体質だったので改善されればいいな…くらいの気持ちで始めたのですが、キッズスペースがあったり、スタッフの皆さんもとても気さくな方々ばかりで、毎回無理なく通うことができ、それに合わせるように妊娠中に+16㎏近くあった体重も少しずついいペースで減っていきました。個人的にとても嬉しかったのが、妊娠前と同じ体重に戻ったことも含め、腰回りの脂肪がかなり減ったと感じていることです。毎日鏡を見て「以前はこんな体じゃなかった!!」と実感しています。

あとは、頭痛もまだ時々ありますが、薬に頼らず過ごせるようになったこと、生理痛もほぼなくなり、とても身体が楽になりました!!

施術中もその時悩んでいることに、きちんと向き合っていただけるスタッフの方々ばかりで、家でも簡単にできる矯正方法などたくさん教えていただきました。

無理なく通えて、結果がちゃんとついてくる。これが一番嬉しいことです。

A.S様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状について詳しくはこちら

生理痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住所
〒502-0916
岐阜県岐阜市西中島4丁目2−10
交通
島大橋東交差点すぐ
TEL
058-377-3792
  • 電話をかける
  • メールでご予約
  • LINEでご予約

定休日:土曜午後/日曜/祝日(土曜は9:00〜13:00まで営業)

受付時間 日・祝
10:00〜19:00 ×

〒502-0916岐阜県岐阜市西中島4丁目2−10

詳しい道順を見る