産後の肩こりに必見!現役整体師が教える肩こり解消法!

「抱っこひもで肩こるなー」

「吐き気や頭痛がする…」

「出産前はこんなことなかったのに…」

こんなお悩みありませんか?

産後はカラダの色々なとこに不調がでてきます。

特に長時間赤ちゃんを抱っこしていると、夜には肩がパンパンで…と腕の疲れや肩こりに悩まされているママはたくさんいます。

肩こりが悪化して、頭痛がでてくるというケースも珍しくありません。

今回は産後の肩こりの原因から解消法を説明していきます。

産後の肩こりの原因

「肩こり」とは肩の周辺の筋肉に負担がかかったり、血行が悪くなることで、筋肉の柔軟性が失われ固くなった状態をいいます。

誰にでも起こりうる肩こりですが、産後や授乳期間中は肩が凝りやすくなっています。その原因は何となく想像できますよね?

赤ちゃんの「授乳」や「抱っこ」

赤ちゃんが生まれるとほぼ24時間育児に追われます。

泣いた時、あやす時、授乳の時、寝かしつけの時、一日に何度も抱っこをします。

また慣れない授乳やおむつ替えの時、無意識のうちに背中や肩に力が入ってしまいます。

授乳時の冷えと姿勢

授乳時に服を捲し上げることにより、上半身がむき出しになり、短時間とはいえ、体が冷えてしまいます。身体が冷えると、血行が悪くなり肩こりを引き起こしてしまいます。

また授乳しやすいように、赤ちゃんが飲みやすいようにと、背中を丸め、前かがみの姿勢が多くなります。同じ姿勢を続ける時間が長くなると、どうしても肩や背中に負担がかかってしまいます。

運動不足

妊娠中から産後にかけては、運動不足になるのは当たり前です。産後は安静にと言われますし、小さな赤ちゃんを連れウォーキングやジョギングをするわけにもいきません。

運動不足になると全身の血流が悪くなり、肩こりを引き起こします。

さらに、運動不足により筋肉の量が低下すると、少しの負荷でも筋肉が硬くなってしまい、肩が痛くなってしまいます。

骨盤のゆがみ

出産をする時に、骨盤がゆがむというのはご存じですよね?骨盤がゆがむと身体の重心がずれ、筋肉も常に固まっている状態になります。血流の流れも悪くなるので、肩こりの症状に拍車をかけることになります。骨盤のゆがみは、骨盤だけではなく、背骨や首の骨などにも影響を及ぼします。

今すぐ出来る、2つの簡単セルフケア!!

肩こりを解消させるのに効果的なのは、マッサージやストレッチを行って、固まった筋肉をほぐしてあげることです。

育児の合間に肩を回したり、伸びをしたり、数分でもいいのでこまめに筋肉を動かしてあげましょう。お風呂上りなど肩を温めてから行うとより効果的です。

自宅で簡単にできるセルフケアをご紹介します!

①肩こりピンポイントセルフケア

①椅子に座り、凝っている箇所に手を置きます。

②痛くない程度に軽く押して肩を10回〜20回程度を回します。

※「変わらない…」という方は下記のパターン②を試してみましょう!

①凝っている場所をつまみます。

(例:右側が凝っている時は左手でその凝っている箇所をつまんでください。)

②つまんだまま、凝っている方の肩を10〜20回程度回してください。

コリを押すか、摘むかどちらか合うほうがあります。

コリが気になる時には合う方だけ行って下さい。

②キャットレッチ

1.手を後ろで組みます。

※手のひらが上を向くように組んでください。(写真①)

2.肩を限界まで後ろに引きます。

※イメージは肩甲骨の間にカットレモンを挟み、絞るように。

 

3.肩を引いたまま、後ろを見るつもりで頭を後ろに倒していきます。(写真②)

※頭を倒す時は「フー」っと息を吐き続けます。

※勢いよく頭を倒すと、首を痛めてしまうのでゆっくり倒してください。

※顔の面が天井と平行、可能ならそれ以上に倒すようにします。硬くて倒せない場合や、痛みが出る場合は出来る限りでかまいません。

4.そのままの状態で3つ数え、ゆっくりと顔を正面に戻し、手をほどきリラックスします。

ここで肩を前から大きく回すと、さらに効果的です。

肩や肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなると、リンパの流れがよくなり、代謝がよくなります。

食べた物を効率よくエネルギーに変えることもできるので、産後のダイエットにもつながります!

整体や病院など、専門家に相談を!

整体

まず出産でゆがんだ骨盤を整えることも効果的です。

骨盤は背骨を支える身体の土台になり、重要な部分です。出産で開いた骨盤は、数カ月かけゆっくりと元の位置に戻ろうとします。。しかし、妊娠や出産によって左右のバランスが崩れていると、正しい位置に戻りづらくなります。

また、産後ゆがんだ姿勢を続けることで、骨盤が更にゆがんでしまいます。

肩がこっているから肩だけほぐすだけではなく、その土台をしっかりと改善しましょう。

病院

肩こりの程度やそれに伴う症状によって、医療機関で診察を受けた方がいい場合もあります。

医療機関を受診し特に大きな異常がなければ、痛み止めや湿布を処方され、リハビリに通うことになります。

 

産後の肩こりを甘くみてはダメ!

はじめはあまり自覚がなかった肩こりも、気づいた時には「腕が上がらなくなっていた」なんてことも。

そして、肩こりは肩の痛みだけでなく、全身の不調に繋がっていきます。

  • 頭痛
  • 首の痛み
  • 吐き気
  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • 母乳の出が悪くなる
  • 肌荒れ
  • 抜け毛

など、様々な症状を引き起こします。

たかが「肩こり」なんて言って放置しておくと、体が壊れてしまいます。まだまだ長い子育て、体の不調が起こる前に解消していきましょう。

 

最後に

ママを悩ます肩こりは、本当に辛いですよね。産後の生活は、体に負担がかかります。出産で骨盤が不安定なうえ、妊娠中からの運動不足で筋力も低下しているので余計です。

産後は赤ちゃんのお世話に追われ、自分のことは後回しになりがちですが、肩こりを放置しておくわけにはいきません。

鏡を見るたびに姿勢を意識する!

育児の合間にストレッチをする!

など少しずつ習慣化していってみてください。

良くならない、症状が悪化した場合はお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック↓

産後の肩こり

初回限定 ホームページ限定キャンペーン

LINEでのご予約はこちらから

ホットペッパービューティ

ぎっくり腰から肩こりのケアまで◎

アンケート用紙

2人の子どもを出産してから、特に何のケアもせずにいた所、ある時ギックリ腰になってしまい、本当に動くのもやっとという状態になってしまいました。

10年以上つづく肩こりもこの際なんとかしたいと思い、周りに「ここあ接骨院はいいよ」という評判を聞いて通院させて頂くことになりました。

施術してもらった時はもちろん、教えて頂いたストレッチを家で行うことで、効果が得られたことが一番の収穫でした。ここが、他のマッサージ店などとの違いかと思います。

今後も家で自分でケアをしながら、家事や仕事に励もうと思います。

H.O様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

体重は減り、肩こりも解消!

お客様写真
アンケート用紙

通院を始めてスグに体重が減りだし、今では体型も戻りつつあり、産前のボトムスがはけるようになりました。

普段から正しい姿勢を心掛けるようになり、頭痛薬に頼るほどだった酷い肩コリも解消されました。

今までは、担当の先生に毎回施術して頂くところへしか行ったことがなく、スタッフさん全員にサポートして頂くスタイルは初めてでした。先生は皆さん熱心で、気さくな方ばかりなので、通院するのが楽しみになり、生活にハリがでたように思います。

そして、託児があるので、育児から解放され、ゆっくり施術を受けることが出来ました。

M.Y様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肩や膝、腰が痛く、抱っこや授乳の姿勢がつらかった・・・

お客様写真

出産をしてから、肩や膝、腰が痛くなり、抱っこや授乳の姿勢がつらく、とても大変でした。

こちらに通うようになってから肩の痛みが和らぎ、膝や腰の痛みも楽になりました。

家でできるセルフケアの方法も教えていただきました。

 

C.H様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住所
〒501-1132
岐阜県岐阜市西中島4丁目2−10
交通
島大橋東交差点すぐ
TEL
058-377-3792
  • 電話をかける
  • メールでご予約
  • LINEでご予約

定休日:土曜午後/日曜/祝日(土曜は9:00〜13:00まで営業)

受付時間 日・祝
10:00〜19:00 ×

〒501-1132岐阜県岐阜市西中島4丁目2−10

詳しい道順を見る